お悔やみの贈り物


  

こちら、お悔やみの贈り物。

世間では、白を基調にし、色を控えたものが無難とされてますが、プリザーブドフラワーはずっと残るもの。

色がないと、余計に寂しくなります。

ご遺族の方の癒しになるのが一番だと私は考えます。

だから、関係性にもよりますが、派手過ぎないもので、ご遺族が喜ばれる色をお勧めしています。
余談ですが、フランスの葬儀の花はド派手な赤バラとかでビックリしました。

私もパリの花屋時代に作りましたが、本当に棺の上に真っ赤なバラの巨大アレンジを乗せるのです。
ちなみに、日本の花屋でそんな事したらクビです。

ついでにもう一つ余談ですが、結婚式で紫×黄色の組み合わせはタブーらしく、私がブライダルの仕事をしていた時代、ゲストが希望したので、そのカラーを取り入れたら上司に葬式カラーだとめっちゃ怒られました。

本人がしたいならいいやん!

一体誰の為の結婚式なのか、、、

国や宗教によって違う、人間が決めたルールに疑問を覚え、私は組織には向かないなと、脱サラし現在に至ります☆


個性派カラーのアレンジ


華色ホームページのギャラリーの写真を気に入って下さったお客様が、同じ感じで大きなサイズを、とオーダー下さいました。

オーダーの贈り物はご指定でない限り、やはり個性が出過ぎない無難な配色を選ぶようにしますが、私個人的にはこのような不思議な配色がとても好きです。

スケルトンリーフで柔らか調和させました。

  


華色レッスンについての話


最近ありがたい事にネットからのレッスンのお申し込みが増えてるのですが、

「やりたい願望を叶えてくれるところが、ここしかなかった」

と皆さんおっしゃって下さり、とても嬉しいです。
個人レッスンは効率が悪い、定員制にすればいいのに、とか心配して言ってくれる人がいるけども、

作る時は、自分の世界に没頭したい私としては、他人が同じ空間にいたら嫌だし、自分だけがペース遅いと気を使ってしまったり、逆に早く次の作業したいのに待たないといけなかったり、本当はこんな質問したいけど恥ずかしい、、、

そんな問題を全てクリアした、ストレスフリーなレッスンです。

華色をわざわざ選んで下さったお客様のニーズに最大限応えたく、このスタイルを変えずにここまで来ました。

ちなみに、1名様同士だとしても、他の方と時間が被らないようにしています。

夜勤明けだけど気分転換に作りたい看護師さん、

プロポーズの為に彼女にプレゼント作る彼氏、

生まれて初めて贈る母の日の手作りプレゼントを作る青年、

娘へのサプライズブーケを作り来たお母さん、

子育ての間のスキマ時間を楽しみに来られるお母さん、

本当にいろんな方のいろんなドラマの中に、私もちょこっとおじゃまさせてもらってる事が嬉しいのです。

この先も、誰に何を言われても、このスタイルを貫くと思いますので、よろしくお願いします☆


きいろ


母の日のオーダーでした。完全お任せだったのですが、黄色というインスピレーションが強くきて、黄色メインで作製。

普段は、黄色はオレンジと合わせて使う事が多いのですが、黄色単体で使うのもキレイやなーと新鮮な感じでした。

  


ブーケレッスン


娘さんの結婚式に、キャスケードブーケを作りに来られたお母様。

ブーケの中でも特に難しい、キャスケードブーケですが、初めての作業でありながらも、たくさんのワイヤリングとテーピングをこなされ、見事なブーケに仕上がりました!

アジサイを3色のグリーンでグラデーションしましたが、とても爽やかで5月の挙式にピッタリのブーケになりました。

   
 


プリザーブドフラワーの花束


母の日が終わり、気持ち的に一息ついてます🍵
こちらのオーダーは、母の日とお姉様へのバースデープレゼント。

これまで何度も頼んで下さっている華色のお客様です♡

今年は花束が良いとのリクエストで、ふんわりブーケタイプの花束を作りました〜

  


母の日 キッズレッスン


毎年母の日のプレゼントを作りに来てくれる兄弟。
それぞれ、お母さんとおばあちゃんに。
器を選んで色を決めて、、、

毎年やってるから、手慣れています😀
子供はやはり原色が好きですね。
完成して写真をとったあと、手紙の内容が思い浮かばない、と頭を抱える様子。
カラフルで素敵な作品になりました!
「いつまで来てくれるかなー?」とお父さんに尋ねたら、「思春期ぐらいまでちゃう?」と(笑)
来年は、まだ来てくれるはず。

   
   


華色特製 和モダンアレンジ


少し早めの母の日オーダー頂きました。
和風の玄関に飾る用。

私は、和風アレンジが大好きなので、テンション上がりました。

線の細い葉物をくるっと巻いてジェットコースターみたいにしました。

こういう配色は、和風アレンジだからこそできるから楽しい!

とても喜んで下さったそうです😀